働く

未来の働き方が変わる?知っておきたい「70歳就業確保法」

no.067 2021年3月15日(月)

 

 

皆さんは、70歳就業確保法案等が可決されたのをご存知でしょうか。

2021年4月から、事業者が70歳までの就業機会確保を努力義務として課されます。

 

そこで今回は、65歳から70歳までの働き方や、シニア世代に向けてどんな準備をしておけば良いのかをご紹介します。

 

■65歳から70歳までの働き方とは?

2013年に改正された現行の「高年齢者雇用安定法」では、

65歳までの継続雇用が義務づけられ、企業が定年延長・定年廃止・契約社員等への転換を行い、継続的に雇用をするものでした。

 

しかし「70歳就業確保法」は、必ずしも企業が引き続き“雇用する”ことだけを前提としていません。

では、企業の対応方法はどのようになるのでしょうか。

 

【雇用を継続する場合】

・70歳まで定年延長

・定年制度の廃止

・再雇用/勤務延長制度の導入等

 

【雇用を辞める場合】

・他社への再就職斡旋

・フリーランス(業務委託契約)

・起業の働きかけ

・社会貢献活動への参加支援など

 

70歳就業確保法では“就業機会の確保”を目的としており、企業側が働き方を提示できるのです。

つまり、「正社員として働き続けたい」と思っていてもフリーランスとしての契約を打診される可能性もあります。

更に、これらは努力義務であり、履行できない事業者もいることでしょう。

 

参考:厚生労働省「高年齢者雇用安定法の改正~70歳までの就業機会確保~パンフレット(簡易版)」

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000694688.pdf

 

■70歳就業確保法でどんな変化があるの?

シニア世代の就業機会を確保することが努力義務化されることによって、シニア世代だけではなく若い世代の賃金や雇用形態にも影響があると予測されています。

 


参照:国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-」

https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2019/pdf/001.pdf

 

上図は、年齢階層別の男女の平均給与を示したものです。

横軸が年齢で、縦軸が給与で単位は万円です。

従来では、賃金は50代前後を頂点としてカーブを描き、60歳以降の再雇用によってグンと下がっていました。

 

しかし、70歳就業確保法や中小企業にも適用が始まる同一労働・同一賃金では、60歳以降の方も賃金水準があがる可能性があります。

人件費には限りがありますので、そのための原資が現役社員から拠出されることになり、賃金のカーブの山が少し下がりなだらかになるかもしれません。

 

仕事の内容や役割に応じて賃金が決まる「ジョブ型雇用」への切り替えは、この布石とされています。

 

■シニア世代に向けてどんな準備をしておけば良いの?

 

 

定年が70歳まで延長になるかもしれず、その上賃金のカーブがより緩やかになるのは想定外という方も多いかもしれません。

70歳まで働きたい方はキャリアプランを考える必要がありますし、早期で退職をなさりたい方はマネープランをたてておく必要があります。

 

▼70歳まで働くためにしておきたいこと

働き続けるためには「健康」が大切です。

若い内から運動を習慣にするだけではなく、定期的に健康診断をうけましょう。

 

また、キャリアプランを考えておくことも大切なポイントです。

どんなスキルや経験を習得しどう学んでいくのか。

シニア世代を見据えて、長期的な視野で取り組みましょう。

 

副業に挑戦したり、体力的に無理のない趣味を持ったりすることで、道が拓けることもあります。

 

▼年金の受け取り延長に備えて

現在、国民年金は満65歳から受け取ることができます。

しかし、70歳まで繰下げると最大で42%の年金が上乗せされます。

受給年齢が60歳から65歳まで引き上げられたように、今後更に受給年齢の引き上げがあるかもしれません。

 

そのためにもマネープランをしっかりとたて、収入を増やし節約をするだけではなく、リスクマネジメントに注意しながら資産運用を行うことが大切です。

 

 


参考:日本年金機構「年金の繰下げ受給」

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/20140421-02.html

 

 

■おわりに

70歳というと、まだまだ先の話でリアルなイメージが沸かない方も多いと思います。

しかし、今からしっかりと先を見据えて行動をすることで、不安を軽減し安心して歳を重ねることができます。

皆さんもぜひ、この機会に将来設計をご家族と話し合われてみてはいかがでしょうか。