fashion

刺しゅうでカワイイをプラスする、Tシャツお直し術

no.148 2022年8月15日(月)

お子さんのTシャツの穴あきや取れないシミ、伸びてしまった首回りなど、お気に入りの服がすぐに傷んでしまう事、ありませんか?

修繕部分が小さければ、それ、刺しゅうで直せますよ♪

前回ご紹介したTシャツエコバッグに次ぐTシャツリメイク第2弾の今回は、ポイントリメイクになります。

初心者でも挑戦できる刺しゅうで、元のTシャツに カワイイ″をプラスしてみましょう!

使用する道具や材料は100円ショップで購入できるものばかりです。まずはいらない布に練習をしてからチャレンジしてみてください。

 

■修繕できる大きさの目安

【穴あき or シミ】直径が10円玉より小さい程度 

【首回りの伸び】⇒10㎝未満

 

■道具と材料

 

【すべて共通】

・刺しゅう糸 ※1色でOK

・刺しゅう針

・はさみ 

・ものさし

・水で消えるチャコペン

 

【穴あき or シミ 用】

・刺しゅう枠 または 電球と輪ゴム

・10円玉 または ペットボトルのフタ

 

■下準備

刺しゅう糸は6本でひと束になっているので、ここでは3本どりにする。

束から100㎝ぐらいの長さで一度切り、糸がねじれないように1本ずつ引き抜いて3本を合わせておく。

 

直し方 -穴あきやシミを隠す星形編‐

1.修繕するTシャツを準備

修繕部分の大きさと位置を確認する。

 

2.印をつける

修繕部分が中央に来るように10円玉(または、ペットボトルのフタ)を置き、チャコペンでそれに沿って線を引く。

円周を5等分し、印をつける。 ※歪んだ星形もカワイイので大体の目安でOK。

 

3.生地を固定する

次に刺しゅうしやすくするために、Tシャツ生地を固定する。

刺しゅう枠か電球を刺しゅうする部分にあてる。

電球の場合はTシャツの裏側から電球をあてて、表側から輪ゴムでとめる。

 

4.刺しゅうする

刺しゅう針に3本どりにした糸を通し、糸端に玉結びをして表側中央から刺し始め、頂点に向かって波ぬいをする。

図を参考に、時計回りに刺し進める。

※頂点Aから出した針を、1つ飛ばして1つ戻る、という法則

その要領でそのまま1周目を時計回りに刺す。

※表側から見ると星形、裏側から見ると五角形になる

 

 

 

その要領でそのまま1周目を時計回りに刺す。

※表側から見ると星形、裏側から見ると五角形になる

2周目以降も同じ要領で先ほど縫った糸より少しだけ内側に糸が来るように刺していき、

星の中央まで来たら針を裏側に出して残りの糸を処理する。

 

5.洗う

Tシャツを洗濯ネットに入れて洗濯し、チャコペンの跡が消えていれば完成!

 

直し方 -首回りの伸びを縮める編‐

1.縮めたいTシャツを準備

何㎝ぐらい縮めるか、あらかじめ首回りを測って決めておく。

 

縮めるサイズ×2倍を測る。

ネックラインの中央に印を付け、そこから左右へ測りながら端を決める。

 

2.アタリを付けるための線を引く

先ほど決めた端から、図を参考に1㎝間隔の線をチャコペンで引く。

 

3.刺しゅうする

刺しゅう針に3本どりにした糸を通し、糸端を玉結びする。

図を参考に右端裏側から針を刺し、左端へ針を進めていく。

 

 

4.糸をしぼる

縫い終わったら針を裏側に出し、縫った糸を縮めるように引っ張って糸をしぼる。

残りの糸は玉止めをして処理して、完成!

 

いかがでしたか?

刺しゅうは力加減や刺す位置などに慣れが必要ですが、多少歪んだ形も愛らしく、1点ものの作品になります。

愛情を込めてまた着られるようにお直しをすることが大事ですよね!

生地を縮めてタックを出す刺しゅうの技法を、スモッキングと言います。

刺しゅうに興味が出たら、いろいろな技法にチャレンジしてみてくださいね。

刺しゅうした服は必ず洗濯ネットに入れて優しく洗濯してください。