その他

ラク家事を実践!見直したい家事の基本

no.076 2021年6月8日(火)

 

家事にかける時間はなるべく短くしたいものですよね。

そこで今回は、ラク家事を実践するために見直したい家事の基本をご紹介します。

家事の効率化だけではなく、家事をシェアするためのポイントにも触れていますので参考になさってください。

 

■属人化を防いで、みんなで家事をしよう!

ラク家事を実現するためには、「ママしか知らないこと」を減らして属人化を防ぐのが大切なポイントです。

物をしまう場所を決め、家事を細分化して分担しやすいシステムを作りましょう。

ママがいなくなった時にお子さんやパートナーが困らないように。

常日頃から家族みんなで家事をする習慣をつけることで、家事をグンと楽にすることができます。

 

■ラク家事実践のための洗濯の基本

 

 

▼洗濯の際には水の量が大切

実は時短コースで洗濯機を回すと、普通の設定よりも水の量が少なくなっています。

汚れや臭いが落ちなかったり、黄ばみや黒ずみになりやすいと感じる方は、時短コースをやめたり水量を多めに設定してみましょう。

 

編集部でも、匂いが取れずに洗剤を変えたりしていた方が、コースを変更しただけで匂いが気にならなくなったそうです。

 

▼詰め込みすぎはNG

洗濯機に入れる洗濯物の量も、匂い・汚れを落とすために大切なポイントのひとつです。

入れすぎてしまうと綺麗に洗えないので、洗濯ものを入れる際には洗濯槽の6割くらいを心がけましょう。

 

洗濯用洗剤には、液体と粉末の2種類があります。

用途に応じて使い分けましょう。

 

液体は水に溶けやすく洗剤が洗濯ものに付着しづらいです。

また、洗濯ものが色落ちしにくいので、色柄ものや多彩な素材を洗うことができます。

 

粉末は洗浄力に優れており、皮脂汚れを落としやすいです。

また、コストパフォーマンスに優れているのも嬉しいポイントです。

 

■ラク家事実践のための掃除の基本

 

 

▼要らないものをため込まない

物が少なければ少ないほど掃除は楽になります。

要らないものをため込まないように心がけましょう。

 

お子さんの保育園や学校のプリント類は、記入漏れや確認をしたい時に困るので、手帳に記入して写真を撮ってから処分しましょう。

思い出の作品も撮影してプリントアウトすることで物を減らすことができます。

 

▼物をしまう場所を決める

物をしまう場所を決め、入りきらないものは処分しましょう。

何が入っているか分かるように、収納ケースにシールで貼っておくのも効果的です。

 

▼汚れを防ぐ工夫をする

汚れは蓄積すると落としづらくなるので、汚れを防ぐ工夫をしましょう。

タイルに汚れ防止シートを貼ったり、コーキングにマスキングテープを貼ったりすることで、汚れを防ぎ掃除を簡単にすることができます。

デザイン性が高いものも多く、水回りが華やかになります。

 

掃除の裏ワザは以下の記事でもご紹介していますので参考になさってください。

⇒年末の大掃除がサクサク進む7つの裏ワザ公開

 

■ラク家事実践のための料理の基本

 

 

▼レンジを活用する

100円ショップに、レンジでご飯が炊けるマグカップを販売しているのをご存知でしょうか。

パスタをゆでたり野菜を蒸したりと、レンジ用の調理器具はバリエーション豊富です。

家族用だけではなく、おひとり様用のレンジ調理器具も活用し、1人用のお昼ご飯や子どもの夜食を作ることもできます。

ライフスタイルの変化で、食事をとるタイミングが家族バラバラになってしまうこともありますよね。

レンジを上手に活用することで、料理の負担を減らすことができますよ。

 

▼保温調理に挑戦する

専用の鍋や圧力鍋がなくても、余熱を利用する保温調理なら手を掛けずに食材の調理を行うことができますよ。

汁物を作る大きな鍋に食材と調味料を入れ、コンロで加熱し沸騰してから5分くらいで火を止めます。

鍋をバスタオルで包んで20~30分程度置いておくだけで火が通ります。

食材の大きさによって火の通りが異なるので、短時間で調理をしたい場合には薄切りがオススメです。

 

▼下ごしらえをしておく

肉や野菜を予め切って味付けをしておく下ごしらえ。

下ごしらえをすることで、無駄なく食材を使い切ることができるだけではなく、時短調理が可能になります。

さらに、切ってあるものを炒めるだけにしておけば、家族に調理をお願いするハードルもグンとさがりますよ。

 

時短調理の記事が下記にありますので、こちらも併せてご一読ください。

お弁当にも使える!時短調理のための下ごしらえ

 

■おわりに

家事をラクにするためには、正しい知識とご家庭にあったシステムの構築が必要不可欠です。

また、楽しいことに取り組んでいると時間がたつのを忘れてしまいますよね。

自分や家族が家事を楽しむことができるように工夫してみてくださいね。