fashion

出し入れラクラク! マチ付き移動ポケットの作り方

no.075 2021年6月1日(火)

完成サイズ

タテ10cm×ヨコ13cm×マチ3cm

 

 

「子どものスカートにポケットが無い」

「ポケットが小さすぎてハンカチやティッシュが入らない」

「バッグを持たせても忘れてくる」

という事、ありますよね。

今回は、お子さんの登園時や外出時に役立つ、マチ付き移動ポケットの作り方を紹介します。

ズボンやスカートにクリップを挟んで、ティッシュやハンカチを簡単に持ち運べますよ。

材料は100円ショップで購入できるものだけでОK!

少し厚めの生地で作るのがおすすめです。

(今回はコットン100%の普通の厚みの生地です)

 

■材料と道具

 

■材 料

·布本体用) …タテ79cm×ヨコ15cm 

·布(ベルト用)…タテ4cm×ヨコ15cm 1枚

·バンドクリップ2個

·プラスナップ1組

 

 

■道 具

·ミシン手縫いでもOK)

·糸

·糸切りはさみ

·マチ針クリップでもOK)

·メジャー

·裁ちばさみ

·チャコペンチャコチョーク

·目打ち

·アイロン

 

 

■作り方 ①ベルトパーツを作る

 

ベルト用の布のオモテ面を下にして、中心に向けて両端から1cmずつアイロンで折り目をつける。

 

 

さらに中心で内側に折り、開いている側の端(点線部分)を縫う。

 

 

②本体パーツの下準備

 

本体用の布のウラ面を上にして、図のように測ってチャコペンで線を引く。

 

両端cmを内側に折り、点線部分を縫う。

 

 

 

 

③ベルトと本体の合体

 

19cmの線が右側に来るように、オモテ面を上に向ける。

本体の右端から測って29cmの所に、ベルトの右端を合わせる。

ベルトをマチ針などで固定して、ぬいしろ5mm点線部分で縫う。

 

 

ベルトの両端から2.5cmずつと5.5cmずつの所にチャコペンで線を引き、その線を往復して縫う

 

重さがかかる部分なので、必ず2重に縫う事

 

④アイロンで形をつくる

 

布のウラ面を上にして、さきほどチャコペンで印した線を図のようにアイロンで折り目を付ける。

 

 

▽画像を参考に、折り目に沿って畳む。

 

 

布の端がきちんと合えば成功。

 

 

▽反対側はこんな感じになればOK

 

 

⑤縫って袋を作る

 

点線の部分をぬいしろ1cmで縫う。

 

 

ぬいしろをアイロンで割り、ひっくり返して角を目打ちで出す。

 

 

▽さらにこの下の部分をひっくり返してティッシュケースの部分を出す。

 

 

⑥プラスチックパーツを付ける

 

上ぶたにプラスナップの凸部品、ティッシュケース部分に凹部品を、バランスをみながら目打ちで穴を開けてそれぞれ付ける。

 

 

 

▽クリップを画像の位置に取り付ける

 

 

⑦完成!!

 

 

 

いかがでしたか?

お好きなパーツを組み合わせて、ぜひお子さんに持たせてあげてくださいね。

ポリエステルなど薄い生地の場合、プラスナップのかみ合わせが悪いので、本体用の生地全体に接着芯を貼るか、プラスナップの下にハギレをかませて、チャレンジしてみてください。