習い事

キッズ向けの習い事。我が子に選ぶのはどれ?

no.003 2019年7月11日(木)

子どものうちからさせておいたほうがいい習い事ってあるの?

それぞれのご家庭ではどのように考えているのか気になりますよね。

ここでは、未就学児にオススメの習い事を、ジャンルごとにまとめてご紹介します。

体力が身につく!スポーツ系

子どもの心身を鍛えたい、そこで人気なのが、スポーツ系の習い事。

おすすめをいくつかご紹介します。

 

・水泳

スポーツ系の中でも根強い人気なのが水泳です。

水泳は水中の全身運動なので体力がつく、呼吸器系が丈夫になると言われています。

また、子どもが早く水に慣れてくれるメリットがあるので、小学校に入る前に習う子どもたちが増えています。

 

・体操

オリンピック選手の活躍で注目されている体操が人気です。

体操は柔軟性体幹を鍛えることができます。

これは身体を動かす基盤となるので、子どもの時に身につけておきたいと考える保護者が増えているそうです。

 

・ボルダリング

新しいジャンルのスポーツとして注目が高まっているボルダリング。

子どもにはまだ早いのではという方もいらっしゃると思いますが、実は幼少期の子どもにこそ挑戦してほしい習い事です。

全身を使って登るため、鍛えられた筋力と体幹は基礎となり、他のスポーツにも役立ちます。

また、登り方を自分で考える事で、集中力や思考力が身につくとも言われています。

勉強の習慣をつける!学習系

自然に学習する習慣を身につけたい。おすすめの学習系の習い事をご紹介します。

 

・英語

小学校では必須科目になる英語。

子どものうちから英語を耳に入れ慣れさせておくことで、正しい発音が自然と身につくようになると言われています。

小さなお子さんでも、外国の先生とのふれあいを通して、楽しく学べるカリキュラムもあります。

 

・幼児教室

小学校に入る前に日々の学習を習慣づけたいという方針で、低年齢から学習系の幼児教室に通わせる保護者が増えています。

算数・国語を楽しく学び、考える力を養うことができるメリットがあります。

子どもの感性を育てる!アート系

子どもの才能を伸ばしたい、いろんなものに触れさせたい、未就学児にオススメのアート系の習い事を紹介します。

 

・ピアノ

女の子だけではなく、近年は男の子にも人気があるピアノ

自宅での練習環境を整える必要がありますが、音楽に触れ合うことで子どもの感性を育てるほか、両手を使うので、脳が活性化するともいわれています。

 

・リトミック教室

リズムに合わせて歌を歌ったり身体を動かしたりできるリトミック教室

子どもが楽しく音楽と触れ合うことができ、耳で聴いて身体を動かすことで、言葉の理解、音感が身につくと言われています。

まとめ

いかがでしたか?

習い事をすることで、普段できない体験をすることができ、子どもの世界観や可能性をひろげてくれるでしょう。

続けてくれるか不安でも、ママやパパがいっしょに考えたり、喜んだりすることで子どものやる気につながります。

まずは気軽に体験してみて、我が子に合う習い事を見つけてみてはいかがでしょうか。

関連タグ